エッセイ
背景を知る新着!!

先週、高校2年生の生徒が大学入試の志望理由書を持参した。 大方書いてきてくれてあったので、細かいところを話し合いながら詰めていった。 彼女は小学生の頃から通ってくれている。 将来就きたい職業についても、これまでに度々話し […]

続きを読む
教室便り
ごまかさない

高校生たちは現代文の記述問題に取り組んでいる。 うちの教室は基本的にグループで話し合いながら進める。 先週から向き合っている論説文の課題。 昨日のクラスのグループは四題あるうちの一題しか終わっていなかった。 「先週、一題 […]

続きを読む
教室便り
生徒の授業

昨日は、低学年、高学年クラスともに生徒に授業をしてもらいました。 低学年クラスはT君先生。 持ってきた本を紹介してくれました。 その後、T君先生からのいくつか質問がありました。そして、 「自分の考えをノートに書いてくださ […]

続きを読む
教室便り
先生⇔生徒

「先生、来週、私が授業をしてもいいですか?作文を楽しく学べるコツをみんなにも伝えたいと思って」 まあ、なんということでしょう! そんな素敵な提案、断るわけがありません。 小6のTちゃんは1年生のころからコツコツ休まず通っ […]

続きを読む
エッセイ
伝わった

フィンランドは「考える国」なので、街中に「Think corner」がある。 cafeだったり、大学のロビーだったり、図書館だったり、至る所にある。 自由に市民が集まって、テーマについて考え、ディスカッションする。 全て […]

続きを読む
エッセイ
教室14年目~子どもたちは変わらない

昨日のことを振り返るとちょっぴり切なくなる。 「自分を解放してるの」 なかなか筆が進まない彼女にお小言を並べた後、彼女はそう言った。 「学校や塾ではちゃんとしてるよ」 彼女の友人のFちゃんが彼女を弁護した。 最近の小学生 […]

続きを読む
エッセイ
書くということ

うちは、「唯一の答えのないこと」に取り組む教室である。 主に作文を指導している。 定期試験や入試は唯一の答えを求めることが多い。 しかし、人生には正解のないことがほとんどだ。 「あなたはどう考え、どう行動するのか」 人生 […]

続きを読む
受賞報告
新聞掲載

中日新聞さんは第4日曜日に小中高生の作文を掲載してくださる。 生徒たちはこちらのコーナーへの作文応募を結構楽しみにしているようだ。 毎月、お題が違う。今月は「通学路」だった。 作文は「観察眼」が大事だ。 子どもたちは毎日 […]

続きを読む
フィンランドのこと
フィンレイソン展

4月16日~6月5日まで四日市市立博物館で「フィンレイソン展」が開催されています。 「フィンレイソン」といえば、象の柄(エレファンティ)を思い浮かべる方も多いと思います。 私もエレファンティが大好きでお皿やマグカップなど […]

続きを読む
エッセイ
彼らの未来が明るくあるために。

この春休み、高学年クラスは人権に関する本を課題図書にした。 一冊は人権とは何なのかについての説明文、もう一冊はいじめに関する小説。 読んだ本から自分が考えたことを作文にしている。 身近な「いじめ」について書く子が多いだろ […]

続きを読む