エッセイ
愛のある出来事新着!!

先日、作文を書き終えた生徒が添削待ちの間、突然、 「先生、肩をもんであげるね」 と言って、肩もみをしてくれた。 ちょっとお疲れ気味だったのを感じ取ったのだろうか。 小学校3年生のまだ小さな手はとても柔らかくて気持ちが良か […]

続きを読む
エッセイ
メッセージ

「こんにちは。お元気ですか?私はとても元気で仕事も楽しく充実しています。 先生、大河ドラマ『青天を衝け』は観ていますか? 吉沢亮君がカッコいいというのもあって、私は観ていますよ。 小学生の頃の教室の宿題が懐かしく思い出さ […]

続きを読む
エッセイ
生きる

先日、中高生のクラスで、各自気になる新聞記事を取り上げ、作文する授業を行った。 戦争に関するものを取り上げている生徒が複数いた。 作文の最後にある生徒から「先生は『語る会』に参加したことがありますか?私は最近、参加したの […]

続きを読む
エッセイ
読書感想文

作文コンクールに自由研究、読書感想文と春からここまで突っ走って来た。 気づけば、読書感想文も清書を残すのみ。 7月後半、毎年、この時期が待ち遠しい。 出来上がった読書感想文の添削を楽しみにしているのだ。 材料集めや分析、 […]

続きを読む
エッセイ
いつもと違う景色が見えたかな

時々、子供たちに問題を作ってもらう。 いつもは私が作った記述問題を子どもたちが解答する。 今週は、私の作った問題を参考にしながら、子供たちに作ってもらった。 うんうん唸りながら作っている。 「知らなかった。問題を作るのっ […]

続きを読む
エッセイ
『二番目の悪者』

今月中は、春休みの課題図書を使った授業が続く。 高学年クラスの課題図書は、『二番目の悪者』という本だった。 絵本なのでページ数は少ないのだが、深く考えさせられる物語だ。 子どもたちがこの本をどう捉えるのかが知りたくて、 […]

続きを読む
エッセイ
新しいものの見方を手に入れるには。

高校生になったばかりの生徒が、学校でディスカッションをする機会があったと話してくれた。 「あまりうまくいかなかったんですよね。」 と言ったので、 「皆、あまり発言をしなかったってこと?」 と聞くと、 「逆です。皆、自分の […]

続きを読む
エッセイ
私は一体何歳なの?

うちの教室は中高生が同じクラスで学んでいる。 クラスによってはたまたま高校生がいないクラスもあるのだが、 異学年、異年齢の子たちが一緒に学ぶというのを、私は結構気に入っている。 中学生の子たちからすると、高校生から高校生 […]

続きを読む
エッセイ
「表情=気持ち」とは限らない。

先週から新しく通ってくれている中学生のEちゃん。 妹さんが通うことになり、急遽、お姉ちゃんであるEちゃんも通うことになった。 あれよあれよという間にそのことが決まって、Eちゃんは流れに乗ってこの教室に辿りついた感じ。 寡 […]

続きを読む
エッセイ
憧れの生徒

あっちからこっちから「先生、来て~」と呼ばれると、焦ってしまう。 「ちょっと待って。今、Yちゃんの見てるから。後で行くから」 と、つい早口になる。 そんな時、Mちゃんがいつもさらりとフォローしてくれる。 「Rくん、どうし […]

続きを読む