フィンランド式国語教室

概要

フィンランドの教育は「教える」から「考える」へ♪

特徴①研究型

学びというのは、興味・関心から始まります。例えば、「どうして春夏は緑だった葉っぱが、秋になると赤になり、冬には茶色になるの?」という疑問が湧いたとしたら、そこから授業が展開されていきます。しかし、「それはね。葉緑素が含まれていて…」と、先生が教えるのではなく、「どうしてなんだろう?」と子どもたちが自ら考え、学ぶ環境を作るのが先生の役目。フィンランドでは、自ら積極的に学ぶ力を養うのを支援することを、教育と考えています。

特徴②問題解決型

実際の人生は答えが1つではありません。問題に直面したとき、私たちは持てる知識と経験から自分なりの答えを見出します。そのとき大事なのは、問題点は何なのかがわかっていること、そして考えるプロセスを踏むことで、問題解決力が身についていきます。答えは状況に合わせて変わっていくもの。人生では、人は多くの問題に直面し、解決する力が求められます。フィンランドの教育の照準は「テストの点」ではなく「社会で生きる力」。教育と人生がしっかりつながっています。

特徴③参加型

例えば、作文の「添削・解説」にしても先生と書いた生徒とのやり取りではなく、皆が、一人の生徒の作文に対して、意見を交換します。「ここはこう書いた方がいいのではないか」とか、「文法が間違っている」などと、客観的な意見を述べるのが一般的な授業。自分事として捉え、積極的に考え、意見を言い、活動に参加することで、自らの学びを深めていきます。

 

「てら小屋遊学舎」教育理念

未知未踏に挑む「未来のリーダー」を育成する

書くことは表現することです。自分の想いを明確に表現し、相手の想いも正確に理解する。生きる上で大切な表現力やコミュニケーション力を身につけ、世界に羽ばたく人材を育成します。即効性のあるものが求められがちな世の中ですが、コツコツ、じっくり取り組むことが、いずれ大きな花を咲かせることにつながります。目標は試験をパスすることではなく、社会に出た時にどんな人間になるかです。そこに照準を合わせ、ブレない生き方を子どものうちから体得しておくと、楽しく、豊かな心で生きられるのではないかと私は考えます。~雪丸

 

お気軽にお問合せください♪ TEL 090-9198-0858 14:00~21:00(土・日・月除く)

PAGETOP
Copyright © てら小屋遊学舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.